自分の運勢を占い師に見てもらうと良いタイミングがある

記者は、占いは元気な時に運だめしや調子に乗って失敗しないための戒めとして活用した方が良いのではないかと思うのです。

人が自分の判断ではどうしようもなくなった時に、人は占いに頼りたくなるのかもしれません。誰かのアドバイスや助けで良い方向に進みたいと思った時に。でもそういう時って人がとても弱っている時。弱っている人は何にでも、悪いことにでもつけこまれやすくなってしまっています。これではとても危険ですよね。

あと、良い占い師と悪い占い師ってシロウトには見極めも仕分けもできないですし、信頼する基準は実際に自分が占ってもらった結果が的中していたか、当たるという評判で話題になった人を信じるくらいしかできません。基本的に占いはあくまでも参考にするもので、信じ込んだり依存したりするものではないと思います。全て占いや占い師の言葉に左右されてはダメです。占いをすることや占ってもらうことが悪いのではなくて、その結果しだいで自分を見失い自己判断力がおかしくなることが良くないのです。

1回5000円くらいの料金で、路上やショッピングモールの中などにいる占い師さんの占い。たまに気まぐれやノリで、占い師さんに見てもらうのは良いと思いますよ。普通に元気とか絶好調の時って人の注意力は散漫になり、危機管理能力が甘くなっていますから、そういう時こそ見てもらって「今は良くてもこの好調がいつまでも続くと思って油断していたらダメですよ」とかバッサリ言われた方が、ウッカリの大きな失敗やいきなりドン底に叩き落とされて絶望なんていう人生の転落を、事前に予防するキッカケになり長い目で見て救われるのではないでしょうか。

「もうダメだ!」「自分の人生終わった!」となってしまってから、ボロボロの状態でワラにもすがる気持ちになり占い師のところに行くからダメなのです。家族や友達には相談できないと言っていないで、絶望した時こそ身近な人に助けを求めましょう。それは一時の恥です。万が一、悪徳占い師に騙されたら一生の恥ですよ。

美白になる方法 おすすめ

アセットプランニング 受益証券

中目黒で人気のマッサージ店

広島市の賃貸マンションに関するご質問

着物買取大阪の買取専門スタッフ